目標を公言する!

発表目標を自分の中だけに止めておくと、出来なくても誰にも責められないので努力を怠りがちです。

周りの評価が気になってしまうのが人間です。

目標を人に公言すると、出来なかったときに起こる「評価の低下」という痛みを恐れて、頑張ってしまうのです。

それを証明するような実験が心理学者の手で行われました。

  1. 目標をつくり、公言させた学生。
  2. 目標をつくるが、公言しない学生。
  3. 目標をつくらない学生。

この公言するか?しないか?
2つのグループの違いでテストの点に違いが出るか調査しました。

すると、1.の公言したグループの学生達は良い点数をとり、
2.の公言しない学生と3.の目標をつくらない学生グループでは
違いがでなかったという研究結果がでています。

つまり、公言しない目標ならば、つくらない方が目標を考える時間の節約になる分、作らない方がマシということです。

 

もし、あなたが目標を絶対に成し遂げたいのならば、

家族や友達、同僚につくった目標を今すぐ公言してください!

コメントを残す

このページの先頭へ