本の内容を アウトプットでより身につく!

えびす
人間は情報・知識を手に入れただけでは上手に扱えないものです。
アウトプットという加工をすることで高い効果を発揮するでしょう!

私も人に教えると身につくとか、知識では知っていましたが、実践はしていませんでした。
今このように「アウトプット」する側になってみて重要性を実感しているところです…

本についての内容を誰かに説明する

内容を説明するというのは自分の身についていなければできるものではありません。
試してみるとわかるのですが、どれほど自分が内容を「適当」にして分かったつもりになっているかが理解できると思います。

本の話をする人が身近にいないという人は、ブログなどで本の内容を書くといいでしょう。

この時に「公開」することが大切です。
自分だけが読めるようにしていても、結局適当で済ませてしまうからです。

(ずっと前に書いた記事を見ると、内容が薄くて、恥ずかしくなってしまいます^^;
でも、能力が少しは上がっているのだな~というのも実感できて嬉しくもなりますよ!)

面倒なのでやらない人が多いかもしれませんが、アウトプット勉強をしないのはかなり損していると思います。
アウトプットとインプットは1つになってこそ何倍もの効果が表れるのです。

分かっている事、分かっていない事が明確になる

自分でまとめていくことで、分かること、曖昧なところなどが見えてくるようになります。
その足りないところをまた本などで補っていけば、やがては人生をよりよいものにできるでしょう!

読書というのは知識を身に付ける以外にも効果があると思います。
私は読書のおかげで、問題発能力や文章力も身につけることが強化されたと強く感じています。


~私の文章力…~

Exif_JPEG_PICTURE
昔ブログを書き始めたようなころ、とにかく時間がかかりました。
文章力などというものはなく、構成力もない…

言いたいことを短文で並べているような酷い内容でした。
「。」で区切るといきなり何の脈略もなく、別の話が始まっているような感じでしたね(苦笑)

この文章もセンスないな~
と思う人もいると思いますが、これでもかなり上達したんですよ(笑)

私より文章が下手な人は、そうそういなかったと思いますよ~
何事も、回数を重ねていると、上達するものだと、いまは感じています。

書いてれば、まとめる力とか文章力は自然に上がりますので諦めずにやってみてください!
最初はゆる~く、自分の書きたいことから!

コメントを残す

このページの先頭へ